弁理士資格~取得してからが始まり物語

弁理士の仕事についてあれこれ語ります。

弁理士の転職活動について考えてみた

 こんにちは!今日は、いよいよ選択科目の試験日ですね。

 私が一回目の転職活動をしたのは、この選択科目試験が終わってすぐでした。さらに、有効求人倍率がバブル期並み、ということで、今日は転職活動について書いてみたいと思います。

 

◎目次

 

1.弁理士の転職先

  弁理士というか、知財業界の転職先というと、特許事務所、企業、官庁、その他教育機関なんかでしょうか。新卒で知財業界に就職する方向けに書いたこちらの記事とほぼ同じだと思います。

www.benrishi.site

2.特許事務所への転職

2-1.多いパターン

 現在、企業勤めの弁理士も、特許事務所に勤めている弁理士も、特許事務所へ転職されるという方が、一番多いパターンではないでしょうか。弁理士会や各事務所のホームページに求人が載っていると思います。

f:id:hkoffice116:20170721165132j:plain

 特許事務所に転職する場合は、この求人を自分で探して自分で応募するというの大部分のように思います。また、事務所への転職でよくあるのが、知人から誘われるパターンですね。私の知り合いの弁理士も、これで移った方がいます。

2-2.合同の説明会

 また、私が転職活動をしたときは、特許事務所が合同で開催する就職説明会のようなものに参加し、いくつかの事務所の話を聞いたりしました。ときどき開催されるようですので、アンテナを張っておくといいと思います。

f:id:hkoffice116:20170714141508j:plain

 ちなみに、私が合同説明会に参加したときは、短答は受かっていましたが、論文はまだ未発表の時期でしたが参加でき、有難いことに転職できました。特許事務所の場合は、お互いのニーズが一致すれば、決まるまでに早いと思います。

 

3.企業への転職

  私は2回目の転職は企業でした。知り合いでも企業へ転職された方の話を何人か聞いたことがあります。企業→特許事務所→企業と移られた方の話も聞きますね。

 企業と事務所ではずいぶんと仕事の仕方が事務所と違います。ですので、合う合わないがあると思います。その辺は、知人に聞いたり調べたりして、情報収集が必要かと思います。

f:id:hkoffice116:20170707132924j:plain

 また、企業への転職には、個人的には転職エージェントを使った方がいいと思います。自分の希望を伝え、自分に合いそうな仕事を紹介して頂き、相談しながら転職活動を進められるからです。

 企業の数は本当に多く、また求めている仕事内容も様々だと思います。それを一つ一つ自分で調べて、応募して、では手間がかかりすぎます。また、企業への転職は、自己PR一つとっても、事務所への転職とは違った面でのアピールが必要になってきます。特に、企業で働くのが初めての方は、一度アドバイスを受けることをお勧めします。

f:id:hkoffice116:20170723111016j:plain

 ちなみに、私が2回目の転職活動をしたときは、リクルートエージェントを使いました。しかも、そのとき海外に住んでいたのですが、登録するとわざわざ電話をかけてきて、私の希望を聞いて下さったのです!そのときのお話は、また次回書きたいと思います。  

4.官庁や教育機関など

  事務所と企業が転職の多くを占めると思いますが、その他に特許庁の審査官になる、大学や研究機関で働くなどもあるかと思います。こちらで働いている方の話を私は効いたことがありませんが、別の世界から知財を見るというのも面白そうだと思います。

 興味のある方は、チャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。これらの求人は、特許庁のホームページや各教育機関等のホームページで見つけることができます。

 

5.その他

  その他に、海外の特許事務所にしばらくお世話になる、という方の話も聞きます。この場合は、転職というよりちょっとした転勤ですね。現在働いている事務所から海外の事務所に、しばらくインターンのような形で行く場合が多いのではないでしょうか。

f:id:hkoffice116:20170721170410j:plain

 私は海外留学時代に現地の事務所でインターンのような体験をさせて頂いたことがあります。今では大変貴重な体験をさせて頂いたな、という思いがありますので、興味のある方は、機会を探ってみるのもいいかもしれませんね。

 

 次回は、私の転職活動や現在の転職活動事情なんかを書いてみたいと思います。それでは、また!

 

 

 

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

弁理士ランキング

 

 

 

弁理士試験のための予備校の選び方

こんにちは!

今日は弁理士試験の予備校の超主観的な選び方についてお話したいと思います。

 ◎目次

 

1.講師との出会い

  このブログで度々書いてはおりますが、私は2回短答に落ちた後、3回目の試験で弁理士試験に合格しました。それまでの成績たるや悲惨なものです。ご参考までにこちら。

www.benrishi.site

 3回目、これに落ちたらもうやめようと思い、始めた勉強ですが、出会った講師の方が素晴らしかった。勉強がとても面白くなり以前と別人のように勉強が進みました。 

f:id:hkoffice116:20170619103820j:plain

2.講師との相性

 その方は、今、弁理士専攻代々木塾にいらっしゃいますが、話にぐいぐい引き込まれていくというか、講座を受けていてあきませんでした。もちろん、こちらもやる気になっていたというのもありますが、講師と自分との相性というものがあるのだと思いました。

 相性が合うと、講座の内容が理解できるようになるので、勉強が面白くなっていくというか、よい効果が生まれるように思います。

 

3.講座を選ぶ上で大切な要素

  このことから、講座を決める上で講師との相性は大切と実感。そして相性が合っているか判断する上で、大切な要素の一つだなと思ったのが、講師の声でした。自分にとって、聞き触りの良い声か。これが合わないと、講義を受けていても苦痛か眠くなります。

 別に、とっても素敵で聞いていたい声か、ということを言っているわけではありません。自分にとって聞いてて嫌じゃやないか、という程度の問題なのですが、長い期間受ける講義ですので、大切な要素だな、と感じたのです。

f:id:hkoffice116:20170722145235j:plain

 ちなみに、私は、講座を録音し、ご飯を作りながら、お風呂に入りながら、電車の中などでもずーっと聞いていました。これも記憶の定着によかったのかな、と思います。

 この勉強方法も、聞きたくない声や講座だと、続きません。長く勉強を続けていくという観点で考えたとき、聞き触りの良い声、講座という視点は個人的に大切だと感じました。

 

4.今はお試し視聴や相談で声が聴ける

 ちなみに、その後出会ったLECの講師の方で、とてもお話が上手で引き込まれる方がいました。代々木塾の講座を受けていなかったら、その方の講座を受けていただろうな、と思います。

 今は、おためしWeb受講 無料カウンセリング等で、講師の声を確かめることができます。講座の進め方が自分に合うか、相性はどうか、という観点で講座を選ぶのも一つの選び方かなと思います。

  

明日はいよいよ、選択科目試験。

最高の力が発揮できますように!

 

関連: 弁理士試験の予備校の選び方について考えてみた - 弁理士資格~取得してからが始まり物語

 

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

弁理士ランキング

 

知財業界の病~それは期限病

こんにちは!
知財業界で働く皆様、毎日、朝夕期限のチェックに余念がない、なんて感じではないでしょうか?
今日は、そんな期限について考察してみました。

頭からいつも離れない期限!
 特許事務所で働くようになり、とにかく頭からいつも離れなくなったのが、期限!私は、新卒で特許事務をしていたのですが、期限管理の仕事にとても緊張したことを今でも覚えています。
f:id:hkoffice116:20170721165132j:plain

 事務所だと、管理システムと紙の二重チェックをされている所が多いのではないでしょうか。その他に、各自のカレンダーで管理している弁理士さん、技術者さんがいるかと思います。


 あるときの話ですが、特許事務を一緒に担当してた方から電話が掛かってきたことがありました。先ほど帰ったばかりなのに、どうしたんだろう、と思ったら、
「○○の案件、手続き済んだか気になって。ちょっと見てくれない?」
とのこと。
f:id:hkoffice116:20170721170410j:plain

 わかるー!!と思いました(笑)
 期限管理の仕事って、身体に染み付いているので、無意識に、今日の分の仕事はちゃんとしてるはずなんですが、家に帰る途中、ふと、あれやったよね…なんて頭に浮かぶことがあるんですよね。
 知財の仕事をしている方は、思い当たることが一つ二つあるのではないでしょうか?

 私も、自分のカレンダーで確認しているのはいいのですが、済んだ案件を消し忘れ、あわてて、ファイルを見返したことがあります。
f:id:hkoffice116:20170721170721j:plain

 そういえば、特許事務所って、ファイルじゃなくてホウタイって言いますね。企業に入ったらぜんぜん通じませんでした(笑)

期限の意味あいの違いにびっくり。
 そんな、期限がっちりな毎日から、突如、幼稚園ママになり、期限の意味あいの違いにびっくり。

 幼稚園では、何日までに提出、と色んな提出物があるのです。初めのころは、手帳に書いて、忘れないように管理。

 そんなある日、子供とのバタバタの毎日で、つい提出物を忘れてしまったことがありました。
担任の先生に、聞かれて大焦り!
すみません、すぐに持ってきます、と伝えると、そんなに焦らなくて大丈夫ですよー、明日でもいいですとのこと。
 その言葉に、何だか、すごく衝撃を受けたのでした。
f:id:hkoffice116:20170721170740j:plain

 もちろん、園の先生方も期限までに出してくれなきゃ、困ると思うんです。でも、猶予の余地が残されていると言うか、その柔らかく優しい対応にホロリ。これが、特許年金の支払いとかだったら、もうバッサリ。おしまーいですもんね。

 今ではすっかり園の忘れ物常習犯になりましたが、 期限管理の緊張感は今思い出しても何だかものすごいものがあります。


知財業界の皆様、日々の期限管理おつかれさまです!

それでは、今日はこの辺で。

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

弁理士ランキング

 

2018年(平成30年)の弁理士試験対策がもう始まっている。

こんにちは!

 2018年(平成30年)の弁理士試験合格に向けた講座がもう始まっているようですね。あ、ここでいっているのは、初学者ではなくて弁理士試験の受験経験のある方向けの講座、という意味です。

 初学者向けは4月とかから始まっているのでしょうが、受験経験のある方向けの講座についても、もう7月から始まるんですね。

 

 例えば、LECだと2018年合格目標としてこんなコースがありました。

 ◎早得コースのご案内

  7月中は割引で早期割引価格、早期申込特典で特別講座が受けられるようです。いろんなコースがあるんですね。私が受験生の頃も、いくつかある講座の中から何を選んだらよいのか、頭が痛かったです。 

f:id:hkoffice116:20170713150621j:plain

 

 ところで、見ていてちょっと分からなかったのですが、例えば、このコース

 ◎2018年合格目標 短答・論文 実戦力完成コース

 カリキュラムを見ると、既に短答の講座は始まっているような。終わっちゃった部分はWEBやDVDを使って自分で勉強しなくちゃいけないんでしょうか?早く受けないと勉強がたまっていくのかしら??

 と一瞬思いましたが、まだまだ数回ですよね(笑)むしろ、今から勉強したいと思い立った人にとっては、WEBフォローは有難いのかもしれませんね。

 

f:id:hkoffice116:20170714141508j:plain

 ちなみに、こちらの論文対策のコースは8月からスタートになっていますから、今からでも最初の講義に間に合いますね。

 ◎2018年合格目標 論文実戦力完成コース

 やっぱり短答も講座もやるとなると、早めに始めないとなんでしょうね。

 

 次に、代々木塾も見てみました。

 受験経験者向けの講座だと、これなのでしょうか?

 ◎弁理士試験対策 H30論文短答応用コース(通学・通信)

 やはり、短答も含む講座は7月から始まっているようですね。論文はいつから始まるのでしょう?これからかな??ゼミだとこんなのがこんなのがありました。

 ◎弁理士試験対策 H30塾長論文ゼミ(中級・上級)(通学・通信)

 これだと、スタートが選べるようですね。今からでも間に合うのがありそうです。

f:id:hkoffice116:20170715145918j:plain

 

要するに、翌年の合格を目指す弁理士試験対策は、

★初学者向けの講座は4月くらいから、

★経験者向けは、短答含むと7月くらいから、

★経験者向けで、論文のみだと8月以降、 

という感じで始まる、ということかなと理解しました。

 

という感じで、今日のブログはかなりグダグダですが、ようするに言いたかったことはこれです!

 

★講座選びって大変!

★合格した今でも講座やスケジュールをなかなか理解できません!

おためしWeb受講 無料カウンセリングなんかを上手く利用して自分にぴったりの講座を見つけてみましょうね!

 

ということでございました・・。本当は、系統立てて講座の説明をしてみたかったのですが、心が折れました。。

それではまた! 

 

≪関連≫

www.benrishi.site

 

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

弁理士ランキング

付記弁理士になるための研修を受けたかった話

こんにちは!

弁理士になると、次は付記弁理士になるか検討する方もいらっしゃるのではないでしょうか?今日はその辺のお話を書いてみたいと思います。

 

◎目次

 

1.付記弁理士とは

 日本弁理士会が実施する能力担保研修の課程を修了した弁理士であって、特定侵害訴訟代理業務試験に合格した者は、付記弁理士となることができます。付記弁理士になると、特定侵害訴訟(特許、実用新案、意匠、商標などの権利侵害)で訴訟代理人になることができます。

弁護士との共同受任である等、条件があります。

特定侵害訴訟代理業務試験の案内 | 経済産業省 特許庁

 

2.能力担保研修に行きたい!

 私は、企業法務で主に知財を担当していましたが、企業法務では契約書のチェックが多くをしめます。知財担当であっても、ライセンスや譲渡、業務委託など契約を扱うことが沢山あります。

f:id:hkoffice116:20170706102633j:plain

 もともと、理系出身のため、民法など法律知識はまったくゼロ。有難いことに、色々と研修など行かせて頂き、なんとか仕事が回せるようになってくると、人間欲が出てくるものです。

 法律をもっと学びたくなり、調べているうちに、付記弁理士になるための能力担保研修で民法などを学ぶことが分かりました。

 

3.弁理士しか研修は受けられない

 それで早速、付記弁理士のちょっとした説明会みたいなのに参加しました。公式ではなく、希望者が参加して情報交換みたいな感じです。

 そしたら、当たり前のことですが、「弁理士」しか、能力担保研修は受けられないということが分かりました。

f:id:hkoffice116:20170711112155j:plain

 当時、私は弁理士登録はしていませんでした。企業では特に必要となることがないので、しない方もいると思います。しかし、登録していないので、「弁理士」じゃないのです!

 

4.残念ながら・・

 付記弁理士になりたいというより、能力担保研修を受けてみたい、というのが私の希望。そのためだけに弁理士登録をするかと言われると、そこまでは・・という気持ちだったので、残念ながら、付記弁理士になることはあきらめました。

 

5.受けた人の話を聞いてみた

 知り合いの弁理士さんが、能力担保研修を受けていたので、どんな感じだったかを聞いてみました。仕事の後や土日なんかに授業があり、仕事との調整がなかなか大変だったとのことでした。

f:id:hkoffice116:20170708153433j:plain

 それから、試験の論文もなかなか難しい内容で、けっこう勉強が必要だったそうです。とはいえ、学びも多く、受けて良かったとのことでした。弁理士試験に受かった後も、こうやって勉強を続ける先生方に頭が下がる思いです。。

 

 こやって書いてみたら、やっぱり受けてみたいなーという気分になってきました(笑)

 それではまた! 

 

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

 

弁理士試験の選択科目と短答試験、どちらが難しいか?

こんにちは!

弁理士試験の選択科目の日程がいよいよ今週末ですね。

 私は大学時代にろくに勉強をしなかったので、選択科目の勉強は本当に四苦八苦しました。当時、特許事務所にいた技術者さんに、選択科目の勉強に苦労していることをぼやいたところ・・。の、懐かしいことを思い出したので、ちょっと書いてみます。

 

◎目次

1.選択科目の勉強に迷ったら大学時代の友人に聞いてみる

 こちらにも書きましたが、私は選択科目の参考書選びから何を勉強したらいいかなど、大学時代に大変優秀だったゼミの同期に教えてもらいました。

www.benrishi.site

 友人は、私が持って行った過去問を見ただけで、それならこの辺の参考書を勉強すればいいかな、とすぐに理解したようでした。世の中には、本当に理解力が高い人がいる、というのを目の当たりにしたのでした。

f:id:hkoffice116:20170708153637j:plain

 きっと弁理士資格を取る人たちは、こんな人ばかりなんじゃ・・と落ち込みそうになったのを覚えています。でも、こんな私でも合格できました!大丈夫です!

 勉強に迷ったら、大学時代やゼミ、予備校などで優秀そうな人を捕まえて勉強方法を聞くのも手だと思います。

2.技術者さんは50代のおじさまでした。

 そんなこんなで、友人に参考書を選んでもらったことを、事務所の技術者さんにふと話しました。

 その方は、50代も後半、もともと大手メーカーで技術職をされていた方で、私よりも後から入所されたのに、あっとゆうまに明細書をじゃんじゃん書き、お客さまにも指名され、とっても優秀な方でした。

f:id:hkoffice116:20170620144617j:plain

 その方が過去問を見たい、というので見せたところ、すぐ解けそうだと言いました。私はびっくりしました!

 大学をでてずいぶん経っているでしょう、おじさまが、すんなり解けることにです。明細書をすらすら書けちゃう人って、こんな人なんだろうなーと思ったのでした。

3.明細書が得意でも弁理士になれるとは限らない

 その方は、更にこんなことをおっしゃっていました。実は、弁理士試験に興味が出て勉強を最近始めた。面白いのだけど、いざ試験となると、短答試験の時間内に問題を解き切れるか分からない。スピード力がどうもな~と。

f:id:hkoffice116:20170616160242j:plain

 50代になってもまだまだ勉強に興味があることに、すごい!と思ったのとともに、理解力や仕事の出来と、弁理士試験(資格試験)に受かるかどうかって別問題なんだなーと。

 どう考えても、そのおじさまの方が優秀で仕事が出来るわけで、でも資格は私が取れちゃったわけで。だから、資格って、取ってからが大事。取ってからこそ、勉強が必要なんだなーと思ったのでした。

 あ、もちろん、勉強って、技術だけじゃなくて、仕事ことや心のことや、自分が何を追及していきたいのかってことも含むのですが。

4.最後に

 こんなふうに弁理士資格をとる前は思ってたはずなのに、実は弁理士試験に合格した後、思いっきり氣が抜けちゃって、やる気がなくなっちゃったときがありました(笑)合格したときなんて、嬉しかった、というより、なんか目標がなくなっちゃった感じで脱力してしまいました。

f:id:hkoffice116:20170704111938j:plain

 ですので、皆さんは、こんな私にならぬよう、次のやりたいことに心を躍らせているほうがお勧めです。あれ、タイトルと思いっきり違う終わり方になっちゃっいましたね(笑)

 答えはぜひ、ご自分で考えてみて下さいね。

 それでは、また!

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

 

商標を出願しても登録しないのはなぜ?~特許事務所で疑問だったこと

こんにちは!

 特許事務所に勤めていたときに、お金を出して商標調査、出願までするのに、いざ登録となりましたと連絡すると、登録しません、と返事がくる企業様がいらっしゃいます。

 事務所にいた頃は、これが常々疑問でした。いらなくなったと言われればそうなのですが、なんだかもったいない氣がしていました。それが、企業勤めをしてなるほどな、と腑に落ちましたので、今日はその辺のお話を。

 

◎目次

 

1.当たり前だけど、同じものは使えない

 私の働いていた企業では、サービスの企画が立ち上がり、サービス名が決まったら、とりあえず法務・知財に相談、という流れができていました。他社のサービス名と同じものだったりすると色々と面倒ですからね。

f:id:hkoffice116:20170620144620j:plain

 そういえば、逆のパターンでこんなことがありました。他社さまのサービス名が前会社の所有する商標とばっちり同じで、しかもだんだんサービスが盛り上がり、名前が売れてきちゃって・・・、ということがありました。

 たまたま、使っていない商標だったので静観してましたが、のちのち、売ってほしいとオファーがありました。そうなると、やっぱり足元を見られる、というか、先方の立場がなんとなーく弱めになっちゃいますよね。

 きっと、次に書くように、そんなに続かないと思ったか、事業部門が調べずに進めちゃったのかな、と推測しました。

f:id:hkoffice116:20170707133007j:plain

 こんなことがあるので、サービス展開前に、調査、出願は済ませましょう、というお話を前の会社ではよくしていたのです。

2.今のサービスのサイクルはめちゃくちゃ早い、特にIT系

 前の会社はIT系だったのですが、IT系のサービスサイクルって本当に早いのですよね。サービス出して、上手くいかなかったらさっさとやめる。これが早い。

 ですので、調査して出願して、登録なりましたよーという頃には、

「あ、サービス来月で中止になりました!」

 と、言われることが結構ありました(笑)

f:id:hkoffice116:20170622064122j:plain

3.企業と事務所を体験することは面白い

 私は、事務所時代に商標登録をしない会社があることを思い出し、理由の一つはコレか!と思いっきり腑に落ちました。事務所と企業の両方を体験してみるというのは、業界の全体像を見ることができて楽しいですね。

4.調査だけでもいいという理由

 そういえば、事業部門は、よく調査して同じ商標がないか見てくれるだけでいいです、ということを言う場合もありました。確かに、サービスの予算に商標費用も含まれるのでしょうから、なるべく抑えたいというのが事業部門の心持なんでしょうね。

 知財部門としては、出願しないデメリットもお伝えするのが仕事なので、一応、お伝えするわけです。でも、このサービス続くのかな~なんて心の中で思っちゃったりすることもあります(笑)

f:id:hkoffice116:20170717140829j:plain

  正直、そこにいる皆、コレ出願いらないよね??って思ってる風な空気が流れるときもある訳ですが、ときどき化ける(売れる)サービスがあったりするので、判断が難しいところ。

5.でもやっぱり出願しちゃう

 そんなこんなで、事業部門も保険的に出願しとくか、となるケースも多々ある訳なんですが、やっぱり日の目をみないことがよくありまして、特許事務所様に

「今回は(も?)登録は致しません。」

と連絡することになる訳です。

6.リスクと予算のはざまで

 前職でいつも頭を悩ませたのが、この出願しないデメリットと、出願したところでサービスが中止になってしまい出願代や手間などがムダになってしまうことなのです。

 もちろん、リスク回避のためのお金や時間と考えればムダとは言えないです。ただ、なるべく不要なお金や仕事は減らしてあげたいとも思っちゃうわけで。

 ここが、知財や法務の仕事の難しさ(責任ある部分)なのかな、と思っています。

f:id:hkoffice116:20170708153637j:plain

 

ということで今日はこの辺で。

それではまた!   

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村