弁理士資格~取得してからが始まり物語

弁理士の仕事についてあれこれ語ります。

弁理士の在宅勤務と時短勤務の話

こんにちは!

すっかり、更新していない間に弁理士試験の合格発表が終わっていましたね。

 皆様お疲れさまでした!

平成29年度弁理士試験合格発表 | 経済産業省 特許庁

合格発表は、特許庁に見に行かれる方が多いようですが、私は仕事中に特許庁のホームページで確認しました。見ながら探すのは怖くて、「CTRL」+「F」キーで検索窓を出し、自分の受験番号を入力して「ENTER」キーを入力・・

 

f:id:hkoffice116:20170721165132j:plain

 

した後、やっぱり怖くてトイレにダッシュしました。落ち着いてから、デスクに戻り恐る恐る確認したときのドキドキ感と言ったらもう(笑)

番号を発見した後、またトイレに戻って小躍りしちゃいましたよね(爆笑)

 

その後、所長さんに報告したら、特許庁に見にいけばよかったのに、と笑われました。

本当ですね。ぜひ、みなさんも特許庁に行ってみて下さいね!

 

さてさて、今日は就活の話など。

最近、ちょこちょこ就活を始めています。私は、小さな子供がおりまして、保育園にも行ってないので時短勤務や在宅勤務の雇用形態を考えていました。

そこで気が付いた課題や新たな着眼点について書いてみます。

◎目次

1.在宅勤務は既存社員への特典

 在宅勤務を希望して3社ほど受けましたが、全ての会社で出たお話。それは、

「在宅勤務は、今まで会社で働いてきてくれていた社員への特典みたいものだから・・・。」

 つまりは、会社のこと、仕事内容、規則等、よく理解してくれている社員が、何らかの理由で在宅で仕事をしたいとなったときに、それに対応するための制度だよ、ってことを言いたいらしいのです。

f:id:hkoffice116:20170710103742j:plain

 なるほど!!おっさるとーーーり!!

 と、ひざを打ちたいくらいでした。就活に於いて、初めの数社は受かればラッキー、基本は情報収集と慣れのためと思っているので、このような情報が得られると嬉しいのです。

1-1.会社も手探りなんじゃない?

 では、なんで在宅勤務を希望してる人をわざわざ面談まで呼ぶのでしょう?書類の時点で、在宅勤務希望と書いてあったら落としちゃえばいいじゃん?とも思えるわけです。

 でも、面談に呼んだ。ということは、会社も何かしら提案してほしい、もしくは話し合いながら妥協点を見つけていきたい、と模索しているのではないか、と考えられるのです。

 今は、人手不足と言われていますが、求人を見ていても、時短勤務や週2~3勤務の仕事もたくさんあります。会社も新しい働き方について手探りで動き出したところ、働き方の過渡期なのではないかと感じます。

1-2.でもどうしたら?

 さて、ひざを打ったくらいで在宅勤務がどうとなる訳ではないので、どうしたらいいのか??一つの方法としてトレーニング期間を設けたらいいんじゃないかと思うのです。

f:id:hkoffice116:20170706103617j:plain

 会社のことがわからないことが課題の一つなのだとしたら、1ヶ月とかトレーニング期間を設けて覚えてもらう。その他は、週1回とか打ち合わせをする等、方法はある訳です。

 まあ、仕事内容によってできるできないはありますが、例えば特許の明細書や、法務部門の契約書なんかできそうじゃないかな、なんて思います。もちろん、情報漏洩とか秘密情報とかリスクマネジメントとか言い出したらきりはありませんが。

2.業務委託

  それから、業務委託っていう仕事形態を全く考えていなかったのですが、特許の明細書なんかだときどき見かけますよね。あれって、トレーニングしないですよね?

 でも、明細書って事務所のカラーみたいなものがある氣がするのですが、業務委託の場合、その辺ってどうするのでしょう??誰か知ってたら教えてください!(真剣)

 今後、在宅を希望するのなら、業務委託という働き方も検討していくことも考えなくては、と考えさせられる就活の日々でした。

 

3.まとめ

 今後、様々な働き方が求められるとき、弁理士の仕事って、色んなスタイルを選べて 素敵だね、と言われる職業になると嬉しいな、と思います。

 今日はこのへんで。お読み下さりありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

弁理士ランキング

 

 

特許事務所から企業へ転職する際に聞かれること

 こんにちは!

最近、就活をぼちぼち始めまして、面接を1社受けてきました。そのときに、氣が付いたお話を今日はしたいと思います。

◎目次

 

1.最近の雇用形態って・・・

 ところで、今回私は家庭の事情もあり、フルタイム勤務ではなく週3日程度、1日5~6時間を考えて活動を考えています。それでも、雇用形態は、正社員・契約社員・アルバイト・業務委託など、何がいいですか?と聞かれました。

f:id:hkoffice116:20170620144620j:plain

 てっきり、私の希望する時間帯では、アルバイトくらいしかないのかと思い込んでいました。今は、色々選べるのですね。時代は変わるんだなーと実感しました(笑)

 

2.面接で結構聞かれることNo.1

  私は過去に特許事務所から企業に転職していますが、その際の面接では、ほぼ質問されたこと、それは、これです!

◎なぜ、特許事務所ではなく企業なのですか?

 もしも転職活動をこれから考えているのであれば、この答えは考えておいた方がいいと思います。また、転職エージェントをお使いになるのであれば、アドバイザーの方に見てもらってもいいかもしれませんね。

 転職エージェントについては、こちらの過去記事で書いてますのでご参考までに。

www.benrishi.site

 今回は、専業主婦の状態で面接に行ったのですが、過去、特許事務所から企業へ転職した履歴を見て、この質問を受けました。ですので、聞かれる可能性がとっても高い質問なんだと感じました。

 ちなみに、私がよく話す理由は、一つのことを深堀するのではなく、広く社内のことに関わりたいということを、自身の経験を絡めて話すようにしています。

 

3.企業(我が社)で何をしたいのですか?

  これも聞かれることが時々あったように思います。また、個人的な感想ですが、自身の志望動機を話す際に、希望する会社で何をしたいのかをちょっと絡めてお話しできると好感度高く感じて頂けたように思いました。

 例えば、事務所での知財の経験を活かして社内の知財の整備をしていきたい、みたいな感じでしょうか。ただ、独りよがりな理由になってはいけないので、アドバイザーや誰かに見てもらった方がいいかもしれませんね。 

f:id:hkoffice116:20170622062731j:plain

 

4.まとめ

  久しぶりに転職活動を始めましたが、やっぱり緊張しますね。今回も転職エージェントを使おうとは思っていますが、希望する時間帯等も短いので、どこがいいか調べ中です。

 それではまた!

 

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

弁理士ランキング

 

 

弁理士試験の勉強のやる気が起きないとき対策

 

 こんにちは!8月に入りましたね。
 そろそろ口述の勉強に手をつけ始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
 暑いのもあり、なかなかやる気が起きないなんて方も?私は、選択科目が終わったあとは、本当に気が抜けて何もやる気がしませんでした。。今日は、私がやる気がないときに行っていた受験勉強の対策をご紹介します。
 
 
1.やりたいことを先にやる
  実は、対策と偉そうに言えるほど、大したことではないのです(笑)やる気がでないときは、先にやりたいことや好きなことをやっていました。
 例えば、私は読書が本当に好きで、弁理士試験の勉強で好きな本を読めないことが本当に苦痛でした。こんなちょっとしたことでも、積り積もれば苦痛を感じてきます。
 ですので、時々、気が済むまで読んでから勉強をするようにしていました。時には、仕事から帰り、本を読んでいるうちに気が付いたら夜の11時! 

f:id:hkoffice116:20170802144650j:plain

 でも、そこから試験勉強を始めます。今日の分と決めていた勉強を必ずこなします。しかし、好きな読書を心置きなくやった後なので、意外とこなすことができます。
 ただ、翌日ちょっと辛いので、週に1回とか、どうしてもやる気が起きないとき対策として使っていました。
 
2.テレビをぼーっと見る
 テレビを見るくらいなら勉強してる方がよさそう、と言われそうですが、その通りです(笑)ただ、どうしてもやる氣が、ってときありますよね。そんなとき、私はテレビをぼーっと見ました。
 なるべく、頭を使わなくてよさそうな、1時間程度で終わるドラマなんかを見ます。ただし、勉強するものを目の前に置いて、いつでも始められるようにはしておきます。

f:id:hkoffice116:20170708153433j:plain

 そして、ドラマが終わった瞬間、テレビを消して、勉強を始めます。目の前に準備してあるので、何をしようかなど考えることなく、すぐに始められます。
 ぼーっとするのは、とても頭に良いそうです。先日読んだ本に書いていたのですが、何がいいのかは忘れちゃいました…スミマセン。ときには、ぼんやり頭を休めてみてはいかがでしょうか? 
 
3.その他
 やる氣がなくとも、机に向かったり、とりあえず1問だけ解いたりすると、氣が付けば勉強できているものだから、形だけでも始めてしまえ、と昔、先輩に言われたことがあります。
 確かに、机に向かってさえしまえば、勉強ってできちゃうものですが、長い受験生活、ときにはそれでも…ってときありますよね。ですので、私は、机に向かって本やテレビ。その流れですぐに問題を解いたり勉強できる状態にしていました。

f:id:hkoffice116:20170802145303j:plain

 私にはこの方法が意外と合っていたようで、ときどき無くなるやる氣を呼び起こしてくれました(笑)皆さまも、ご自身のやる氣スイッチが入る方法をぜひ見つけてくださいね。
 
 受験時代の書き込みいっぱい条文集を発見しました。懐かしい(笑)
  それではまた!

f:id:hkoffice116:20170802143933j:plain

   
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

弁理士ランキング

 

 

弁理士の仕事で楽しかったもの

 

 こんにちは!

 今日は弁理士資格を取ってからした仕事で楽しかった、興味深かったと感じた仕事をご紹介します。

 

◎目次

 

1.報奨金規定の改定

  既にある報奨金の改定をしたときのことです。ずいぶん見直しがされていなかったのと(特許法35条の改定もありましたしね←古いっ)、発明者にとってもっと分かりやすくてやる気が起きるような規定になるように、と改定することになりました。

f:id:hkoffice116:20170714141508j:plain

 特許出願をしたいという発案自体が少なかったので、登録時より出願時に多めに報奨金を出したらどうか、期間限定で付加金を出すのはどうか、など色々と考えました。

 改定後の報奨規定に則り、実際に発明者に報奨金が出されたときは、とても感慨深いものがありました。

 

2.商標ライセンス

  商標のライセンスは、用途の限定や使用地域などなど、氣を使う部分が多々ありますが、興味深い仕事の一つだったと感じます。

 自分の携わったライセンス契約の商標が、外でとある企業の商品に使われているのを見たときは、たいして興味のない商品でもつい手に取って買ってしまう、なんてこともありました(笑)

 

f:id:hkoffice116:20170731140831j:plain

 

3.社内での啓蒙活動

  会社内で、知的財産についての認識を深めてもらうための活動をしました。例えば、自身の会社と同じ業界ではどんな特許出願がなされているのかを技術者向けにセミナーしたりしたのは自分自身の勉強にもなりやりがいがありました。

f:id:hkoffice116:20170707133203j:plain

 また、商標て取らなきゃダメ?のような質問がくることも度々だったので、そもそも商標って何?というところを社内報を使ってアナウンスしました。これは部署のみんなで協力して楽しく読み易いものを作ったりなど工夫してとても楽しかったです。

  

4.まとめ

  上で書いた仕事は、全て企業にいたときにしたものですが、弁理士試験や事務所で培った知識が全て全て役に立ったと思います。

 例えば、特許のセミナーなどは、事務所時代にお世話になった先生に来て頂き、お話しして頂いたりしましたし、商標の啓蒙活動では、弁理士試験の知識が役に立ちました。今までの仕事で無駄なことはなく、全てはつながっているな、と感じました。

 こやって書いてみると、他にも興味深かった仕事が浮かんできたので、また書きたいと思います。

それではまた!

 

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

弁理士ランキング

 

 

弁理士試験合格後の2回目の転職活動について~その2

 こんにちは!

 今日はこちらの記事の転職活動の続きです。実際にキャリアアドバイザーとお会いして前職を決めるまでのお話を書きたいと思います。

www.benrishi.site

 

◎目次

 

1.キャリアアドバイザーと会う

  リクルートエージェントに登録したときは、海外にいたましたので帰国してからキャリアアドバイザーと面談しました。海外にいたときに電話をくれた方と、担当が変わっていたのはちょっと残念でした。というのも、電話で相談をした後に、私が留学期間を延長したのでその間に変わってしまったのですが。。

  

2.お話ししながら求人を探す

  実際にキャリアアドバイザーの方とお会いし、自分の経験やこれからの希望を伝えたりしました。前回の記事に書いたように、正直にこれからは企業で仕事をしてみたい旨などをお話ししました。

f:id:hkoffice116:20170620144620j:plain

 また、リクルートエージェントに登録すると、WEB上のマイページでお仕事が紹介されるのですが、この面接のときには、面接内容を踏まえてなのか、WEBで紹介された職種以外の求人もお話をしつつ見せて頂きました。

 

3.希望の求人を発見!

 お話ししつつ、タブレットで求人をペラペラ見ていると、一つ気になる職種を発見!それが前職の企業法務の知財担当でした。

 知的財産をがっつりメインで深堀する職種というより、会社の中の知財部門を整備したり法務の中の知財を担当するという職種にひかれ、ここに応募したいといいました。

f:id:hkoffice116:20170707133007j:plain

 今思えば、法務経験もないのに思い切ったものだと思います。キャリアアドバイザーの方も、一瞬、

「う~んここは・・」という顔になったものの、

「やってみましょうか!」と、応援してくれました。

 キャリアアドバイザーからも企業に転職者の強みをアピールしてくださるということで、一緒に転職活動を並走して下さるアドバイザーがいるのは心強いな、と思いました。

 

4.転職先が決まる

  前職の他にも、最終面談まで進んでいたり結果待ちの企業がいくつかあったのですが、前職から一番最初に内定がでました。ここ以外は全て知的財産部門を受けていたので、一番希望だった法務部門に内定がでたことがとても嬉しかったのを今でも覚えています。

f:id:hkoffice116:20170721170410j:plain

 結局、この企業で10年ほど働きました。辞めたのも家庭の事情でしたので、何もなければあのままずっと働いただろうな、と思います。自分の勘って意外と頼りになるものですね。

 そして何より、自分の希望を正直に話して相談したことがよかったと思います。転職をご希望される方は、正直に自分の希望をアドバイザーに伝えた方がいいと思います。ダメなら、だめでちゃんと言ってくれると思いますから。 

 ということで、今日はこの辺で。

 それでは、また!  

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

弁理士ランキング

 

 

「特許庁で旧姓使用を容認」のニュースに驚いた!

  こんにちは!

 突然ですが、こちらのニュースご存知ですか??

www3.nhk.or.jp

  もう、びっくりしました!!

 何がって、今まで使えなかったの―!?ということにです。しかも、「中央省庁でこうした措置が取られるのは初めてです。」の一文に更に驚きました。 

 今まで、名字が変わった方は、新姓にしなきゃいけなかったということですね。これって、面倒だっただろうなーと思います。

 仕事で使っているメールアドレスに名字が入ってたら変えなきゃいけなかったり、メールのフッターとか、取引先に電話する度にとか、ちょっとしたことが面倒なんですよね。 

 でも、こうゆうことを面倒だ、もっと働く女性に(主に女性かと)優しくしろとか言うと、それこそ面倒な人だと思われちゃうのでなかなか声高に言いにくいこともあります。

 そんな意味では、特許庁は女性にとって働きやすい、風通しのよい職場環境なのかもしれませんね。もちろん、これだけで判断はできませんが(笑)、自分の仕事と関係のある省庁が女性に優しい政策をとってくれると嬉しいものがあります。

www.meti.go.jp

 新姓、旧姓、どちらを使いたい人にとっても優しい環境への第一歩ですね。他の官庁でも需要があったら順次取り入れられるといいですね。

関連:弁理士試験を合格してから名字が変わった方へ - 弁理士資格~取得してからが始まり物語

 

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

弁理士ランキング

 

 

弁理士試験合格後の2回目の転職活動について。

 こんにちは!

 今日は、こちらで少しだけ触れた、私の2回目の転職である、特許事務所→企業の話を書きたいと思います。

www.benrishi.site

◎目次

 

1.企業に就職しようと思った訳

 私は、特許事務所→特許事務所→企業と転職しております。2回目の転職の際は、企業に 就職したいと思っていました。というのも、正直にいいますと、明細書を書くことに面白さを見いだせなかったからです。

f:id:hkoffice116:20170727160824j:plain

 当時は、弁理士になったのだから明細書くらい書けなければ、と頑張っていました。もともと、理系だったこともあり、それなりに数もこなし、頑張れば技術を理解することもできます。

 ただ、全てはかなりの努力で成り立っていました。もともと技術好きの方々はゆうゆうと超えられることをギリギリのラインでこなしていたのだと思います。

 

2.企業へ転職するきっかけ

 そんなとき、事務所で商標を担当していた女性の弁理士さんに何気なく相談しました。特許の担当弁理士として長くやっていく自信がないと。

f:id:hkoffice116:20170727161203j:plain

 そしたら、彼女は言いました。特許の明細書作成だけが弁理士の仕事と思わない方がいい。例えば、自分は以前企業の知財担当をしていたが、すごく楽しかった。特許の仕事一つとっても事務所とはまた違ったものがある。どんな仕事があるか、色々と調べてみたらいいのじゃない?と。 

 

3.特許の仕事にこだわる必要はない

  女性弁理士の話を聞いて、ハッとしました。私は、弁理士イコール明細書作成と頭から決めつけていました。しかし、弁理士になったからと言って、明細書作成のみしなければならないわけでもないし、そもそも、弁理士として働く以外の働き方を考えたっていいわけです。

f:id:hkoffice116:20170710103607j:plain

 それに、そのまま事務所に残って、明細書作成以外の仕事を提案したり、見つけてきたっていいわけです。とにかく、視野が狭くなっていたことに気が付くことができました。そして、この頃から、少しづつ企業の知財の仕事に興味を持ち始めました。

 

4.転職エージェントに登録

 結局、私は2度目の転職の前に、前々からしてみたかった海外留学を選びました。留学して1年たったころ、帰国してからの仕事をそろそろ探したいと考えました。そして、登録したのがリクルートエージェント でした。

4-1.企業への転職は分からないことだらけ

 今回の転職では企業へと思っていたのはいいのですが、そもそも企業にはどんな仕事があるのか、よく分からない。それに、企業は数が多くてどう探して何を基準に応募したらいいのか分からないことだらけ。

f:id:hkoffice116:20170727161349j:plain

4-2.転職活動を支援してもらいたい

 職務経歴書や面接のアドバイスをしてもらうだけでなく、仕事内容等についても相談しながら活動したかったのです。調べた所、転職エージェントを使えば、相談しながら転職活動が可能。これだ、と思いました。

4-3.リクルートエージェントにした訳

 自身が新卒で就活をしたときに、リクナビに登録して就活をしていました。同じ会社だからという安心感と、求人数、転職支援実績、顧客満足度などを見て、実績が豊富そうだなということで決めました。

  

5.キャリアアドバイザーとお話して安心した

 登録すると、キャリアアドバイザーの方が電話でお話ししたいと言って下さいました。通常は直接お会いしてお話しするのでしょうが、私は海外にいたので電話になったのです。

 海外まで電話を掛けてくれたことと、非常に熱心にお話を聞いて下さったことで、とても嬉しかったのを覚えています。※現在は、海外まで電話して下さるかは不明です。

f:id:hkoffice116:20170727161527j:plain

 当時、私は2回目の転職ということで、本当に仕事に就けるか不安でした。今思えば、そんなこと、と思えるのですが、当時は転職を何回もすることはよくないと思っていたのです。それが、キャリアアドバイザーの方と話すことで不安が軽減された気がしました。

6.正直に話す

 キャリアアドバイザーの方と話すとき、正直に言うと、企業で働きたい、なんて言うのが恥ずかしかったのです。企業経験もなく、どんな仕事があって自分に何ができるのかも分からなかったからです。

f:id:hkoffice116:20170703111054j:plain

 でも、そんな心配は不要でした。キャリアアドバイザーの方は、私がより良い転職ができるよう支援して下さる方です。希望ははっきり伝えた方がいいですし、その方がより希望に沿った仕事を紹介していただけます。

 もちろん、難しいと言われる希望などもあるかも知れませんが、それでも一度は自身の希望を思い切って伝えた方がいいと思います。

 

 ちょっと長くなりましたので、今日はこの辺で。次回は、実際にキャリアアドバイザーとお会いして前職を決めるまでのお話と、今、私が就活するならどこの転職エージェントを使うかについてお話したいと思います。

 それではまた!

関連:弁理士試験合格後の2回目の転職活動について~その2 - 弁理士資格~取得してからが始まり物語

 

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

弁理士ランキング