弁理士資格~取得してからが始まり物語

弁理士の仕事についてあれこれ語ります。

弁理士試験合格後の2回目の転職活動について。

 こんにちは!

 今日は、こちらで少しだけ触れた、私の2回目の転職である、特許事務所→企業の話を書きたいと思います。

www.benrishi.site

◎目次

 

1.企業に就職しようと思った訳

 私は、特許事務所→特許事務所→企業と転職しております。2回目の転職の際は、企業に 就職したいと思っていました。というのも、正直にいいますと、明細書を書くことに面白さを見いだせなかったからです。

f:id:hkoffice116:20170727160824j:plain

 当時は、弁理士になったのだから明細書くらい書けなければ、と頑張っていました。もともと、理系だったこともあり、それなりに数もこなし、頑張れば技術を理解することもできます。

 ただ、全てはかなりの努力で成り立っていました。もともと技術好きの方々はゆうゆうと超えられることをギリギリのラインでこなしていたのだと思います。

 

2.企業へ転職するきっかけ

 そんなとき、事務所で商標を担当していた女性の弁理士さんに何気なく相談しました。特許の担当弁理士として長くやっていく自信がないと。

f:id:hkoffice116:20170727161203j:plain

 そしたら、彼女は言いました。特許の明細書作成だけが弁理士の仕事と思わない方がいい。例えば、自分は以前企業の知財担当をしていたが、すごく楽しかった。特許の仕事一つとっても事務所とはまた違ったものがある。どんな仕事があるか、色々と調べてみたらいいのじゃない?と。 

 

3.特許の仕事にこだわる必要はない

  女性弁理士の話を聞いて、ハッとしました。私は、弁理士イコール明細書作成と頭から決めつけていました。しかし、弁理士になったからと言って、明細書作成のみしなければならないわけでもないし、そもそも、弁理士として働く以外の働き方を考えたっていいわけです。

f:id:hkoffice116:20170710103607j:plain

 それに、そのまま事務所に残って、明細書作成以外の仕事を提案したり、見つけてきたっていいわけです。とにかく、視野が狭くなっていたことに気が付くことができました。そして、この頃から、少しづつ企業の知財の仕事に興味を持ち始めました。

 

4.転職エージェントに登録

 結局、私は2度目の転職の前に、前々からしてみたかった海外留学を選びました。留学して1年たったころ、帰国してからの仕事をそろそろ探したいと考えました。そして、登録したのがリクルートエージェント でした。

4-1.企業への転職は分からないことだらけ

 今回の転職では企業へと思っていたのはいいのですが、そもそも企業にはどんな仕事があるのか、よく分からない。それに、企業は数が多くてどう探して何を基準に応募したらいいのか分からないことだらけ。

f:id:hkoffice116:20170727161349j:plain

4-2.転職活動を支援してもらいたい

 職務経歴書や面接のアドバイスをしてもらうだけでなく、仕事内容等についても相談しながら活動したかったのです。調べた所、転職エージェントを使えば、相談しながら転職活動が可能。これだ、と思いました。

4-3.リクルートエージェントにした訳

 自身が新卒で就活をしたときに、リクナビに登録して就活をしていました。同じ会社だからという安心感と、求人数、転職支援実績、顧客満足度などを見て、実績が豊富そうだなということで決めました。

  

5.キャリアアドバイザーとお話して安心した

 登録すると、キャリアアドバイザーの方が電話でお話ししたいと言って下さいました。通常は直接お会いしてお話しするのでしょうが、私は海外にいたので電話になったのです。

 海外まで電話を掛けてくれたことと、非常に熱心にお話を聞いて下さったことで、とても嬉しかったのを覚えています。※現在は、海外まで電話して下さるかは不明です。

f:id:hkoffice116:20170727161527j:plain

 当時、私は2回目の転職ということで、本当に仕事に就けるか不安でした。今思えば、そんなこと、と思えるのですが、当時は転職を何回もすることはよくないと思っていたのです。それが、キャリアアドバイザーの方と話すことで不安が軽減された気がしました。

6.正直に話す

 キャリアアドバイザーの方と話すとき、正直に言うと、企業で働きたい、なんて言うのが恥ずかしかったのです。企業経験もなく、どんな仕事があって自分に何ができるのかも分からなかったからです。

f:id:hkoffice116:20170703111054j:plain

 でも、そんな心配は不要でした。キャリアアドバイザーの方は、私がより良い転職ができるよう支援して下さる方です。希望ははっきり伝えた方がいいですし、その方がより希望に沿った仕事を紹介していただけます。

 もちろん、難しいと言われる希望などもあるかも知れませんが、それでも一度は自身の希望を思い切って伝えた方がいいと思います。

 

 ちょっと長くなりましたので、今日はこの辺で。次回は、実際にキャリアアドバイザーとお会いして前職を決めるまでのお話と、今、私が就活するならどこの転職エージェントを使うかについてお話したいと思います。

 それではまた!

 

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

弁理士ランキング

 

 

弁理士の仕事のこれからを考える

※2017/7/16日の記事に「3」を追記して再アップです。

----------------------------------------------------------------

こんにちは。

 

突然ですが、

弁理士の仕事って何?」

と聞かれたら最初に何が浮かびますか?

 

 

f:id:hkoffice116:20170616155550j:plain

 私は、特許明細書です。大方の人の頭にこれが浮かんだのではないでしょうか。

 

 私は、自宅開業を考えたこの1年くらいの間に、企業の法務部門の方や将来独立を考えている弁理士さんとお会いしてお話を聞きました。そして、明細書の作成以外に、こんな仕事があったらどうだろう、と思った仕事を今日はご紹介したいと思います。

www.benrishi.site

 

◎目次

 

1.商標や特許の企業向けの講師

 専門的な講座をして下さる講師の方はお見受けするのですが、

・そもそも商標とは?

・なぜ商標を取らなくちゃいけないの?

・企画実行前に、なぜ知財(法務)担当に相談しなければならないの?

 と言ったことを、企業の新入社員や事業部門向けにお話しして下さる講師や講座がないように思いました。

f:id:hkoffice116:20170619103820j:plain

 大手企業では、こういった研修を社内でされているかもしれませんが、そこまで大手ではない、特に急成長中のIT企業などでは、知財(法務)部門の方が、商標の理解が得られなくて頭を痛めているように思いました。

 需要がどの程度かはまだ分かりませんが、探ってみるのは面白い分野だと思います。

2.独立支援

 弁理士として独立開業を考えている方も多くいらっしゃると思います。しかし、最初のうちは自分だけで始めるため、事務作業に手を焼く、なんてことも。

 事務所や企業にいた頃は、お見積や請求書、お客様へのレターなど、事務の方がほぼ担当してくれていたのではないでしょうか。

f:id:hkoffice116:20170622064122j:plain

 また、ずっと明細書を担当していた方は、商標を依頼されたときに、自分で出来はするものの、調査やレターの書き方、出願書類の作成などに少し手間取るかと思います。

 そんなときに、事務作業をまるっとお願いできる弁理士さん向け独立支援のサービスがあったら助かるのじゃないかな、と思います。

3.弁理士向け転職サービス

 先日、弁理士の転職についてこんな記事を書きました。

www.benrishi.site

 そのとき、思ったのですが、特許事務所を紹介してくれるサービスってないですね。もちろん、転職サイトなどに出ている事務所もあるのですが、ごく一部だと思いますもっと、特許事務所に特化した転職支援サービスがあったらどうだろう、と考えました。

 特許事務所に限定せず、弁理士知財業界に就職したい方向けに、知財業界向け転職サービスがあってもがよさそうですね。ただ、そもそも人の少ない業界ですので、ビジネスとしてやっていけるのか?という点では、キャッシュポイントを色々と考える必要があるとは思います。

4.その他

 もちろん、今でもあると思いますが、お互い仕事をしていて分からないことを情報共有できるWEB上のクループがあったりするといいな、と思います。

f:id:hkoffice116:20170712154918j:plain

 特に、独立して仕事をしていると、分からないことがたくさん出てくるだろうと思います。また、この分野は自分の専門外だからお願いしたい場合とか。

 多分、皆さん、知り合いに聞いたりするのでしょうが、WEB上で情報交換を気軽にできる会員制のコミュニティなんかがあるといいな、と思いました。

5.最後に

 私が独立開業を考えた際、最初に思ったのは、困ったときにどうしよう、でした。弁理士の知り合いはいるので、分からないことは聞けばいいと思いますが、それでも仕事を一人で回していけるのだろうか、と。

 ですので、サポートの仕事やコミュニティがあったらいいなと思ったのでした。ま、仕事を取ってから心配しなさい、と今は思います(笑)

 そして、実は、これ、私がやってみたい仕事ばかりです(笑)ご興味があるかたはご遠慮なく連絡下さい!

 

それでは、また!

 

 

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

 

弁理士試験選択科目の問題と短答式試験の合格者統計が出た!

 こんにちは!

弁理士試験選択科目の問題及び論点がでましたね!

 流体力学民法しか見てないですが、流体力学の1番目の問題は基礎的な感じがしますね。解けないけど(笑)

平成29年度弁理士試験論文式筆記試験(選択科目)問題及び論点 | 経済産業省 特許庁

 2番目のは、なんだこれ??見たこと聞いたことはあるな、みたいな感じです。これを解いた方はいったい何人いるんだろう。。本当に暑い中、お疲れさまでした。

f:id:hkoffice116:20170703111054j:plain

 民法は、読んでて下請法が気になっちゃいましたね。実務的に、3条書面ちゃんと出したんかい?って聞きたくなります。でも、論文だと、そんな細かいとこまで書かないのかな。民法の論文の書き方を一度見てみたいな、と思ったのでした。弁理士試験の選択試験ではどこまで書くのでしょう。氣になります。

 

平成29年度の短答式筆記試験の合格者統計もでましたね。

  見ていて、短答合格者の数、少なくない?!と、衝撃を受けました。よくよく考えたら、今は短答免除の方もいるので、そもそも受験者数が少ないのですね。

 ◎平成29年度弁理士試験統計 | 経済産業省 特許庁

f:id:hkoffice116:20170725174258j:plain

 ひと通り試験が終わり、ちょっと一息ですね。8月までは少しのんびりされる方もいるのではないでしょうか。こちらでも書きましたが、口述対策のスケジュールだけは確認しましょうね!

www.benrishi.site

 

 私も何だか氣が抜けて、今日は、ちょっと個人的な感想文のようになってしまいました。お読み下さりありがとうございました。

 それではまた!

 

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村


弁理士ランキング

 

 

弁理士試験~口述試験までどう過ごす?

 こんにちは!

 昨日は選択科目試験でしたね。今は、選択科目を受ける方も少なくなっていると聞きました。受けられた方、本当に暑い中、おつかれさまでした。

f:id:hkoffice116:20170621170017j:plain

 私も選択科目を受けたのですが、これが終わるとどっと気が抜けますね。。ですがですが、口述試験がまだ待っています。体を休めつつも、最低限しておいた方がいいことを書いてみたいと思います。

 

◎目次

 

1.予備校の口述対策を確認する

  過去記事でも書いたのですが、予備校やゼミなどの口述対策は一度受けておくことをお勧めします。というのも、口述試験は面接となりますので、試験独特のマナーを知っておいた方がいいと思うからです。

www.benrishi.site

  私は論文試験に合格したことを知ってから、慌ててどんな対策があるのか調べることになりました。たまたまLEC の講師の方とお話しする機会があって、口述対策が各予備校で行われるから受けたほうがいいとアドバイス頂き、本当に助かりました。

 皆さんも、私のように慌てないよう、どんな口述対策がいつからあるのか、今のうちに調べておきましょう!

 

2.話す練習をする

  口述試験は、面接試験。書く試験とはまた違った緊張感があります。私は紙に書くことは比較的好きだったので、論文試験は苦ではなかったのですが、何分、話すことが苦手。特に、あの試験独特の緊張感の中で上手く話せる自信はまったくありません。

f:id:hkoffice116:20170724154353j:plain

 ですので、口述試験の過去問を一人でぶつぶつ呟く練習や、自分の話している所をレコーダに録音してみたりしました。録音を聞いてみると、何言ってるんだこの人??と客観的に自分のイタイ部分が分かります。。自身がなくなってへこむ場合もありますので、やってみたい方だけにお勧めです(笑)

 

3.基本的なことを再確認

  過去問のチェックとともに、条文や青本など基本的な所を再確認は必須だと思います。口述は、条文に沿って丁寧に答えないと(言い回しが違ったりすると)突っ込まれたりします。あいまいな部分がないか基本に戻って勉強するのがいいのではないでしょうか。

f:id:hkoffice116:20170708153137j:plain

 弁理士試験の論文の結果がでるまでは、なんとなく氣が緩んで勉強に手が付かない、なんて方もいると思います。ですが、少なくとも口述対策のスケジュールだけでも確認はしておいてくださいね!私は本当に焦りました!!でも、周りに聞く限りこんな人いなかったから、大丈夫かな(笑)

 

それでは、また!

 

 関連:弁理士試験~口述試験中に鳴るチャイムで感じる焦り。 - 弁理士資格~取得してからが始まり物語

 

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

弁理士ランキング

 

 

 

弁理士の転職活動について考えてみた

 こんにちは!今日は、いよいよ選択科目の試験日ですね。

 私が一回目の転職活動をしたのは、この選択科目試験が終わってすぐでした。さらに、今年は有効求人倍率がバブル期並み、ということで、今日は転職活動について書いてみたいと思います。

 

◎目次

 

1.弁理士の転職先

  弁理士というか、知財業界の転職先というと、特許事務所、企業、官庁、その他教育機関なんかでしょうか。新卒で知財業界に就職する方向けに書いたこちらの記事とほぼ同じだと思います。

www.benrishi.site

2.特許事務所への転職

2-1.多いパターン

 現在、企業勤めの弁理士も、特許事務所に勤めている弁理士も、特許事務所へ転職されるという方が、一番多いパターンではないでしょうか。弁理士会や各事務所のホームページに求人が載っていると思います。

f:id:hkoffice116:20170721165132j:plain

 特許事務所に転職する場合は、この求人を自分で探して自分で応募するというの大部分のように思います。また、事務所への転職でよくあるのが、知人から誘われるパターンですね。私の知り合いの弁理士も、これで移った方がいます。

2-2.合同の説明会

 また、私が転職活動をしたときは、特許事務所が合同で開催する就職説明会のようなものに参加し、いくつかの事務所の話を聞いたりしました。ときどき開催されるようですので、アンテナを張っておくといいと思います。

f:id:hkoffice116:20170714141508j:plain

 ちなみに、私が合同説明会に参加したときは、短答は受かっていたものの、論文はまだ未発表の時期でした。ですので、弁理士試験に合格していなくても参加ができる説明会のようでした。

 有難いことに、1回目の転職先は、この説明会で出会うことができました。特許事務所の場合は、お互いのニーズが一致すれば、決まるまでに早いと思います。

 

3.企業への転職

  私は2回目の転職は企業でした。知り合いでも企業へ転職された方の話を何人か聞いたことがあります。企業→特許事務所→企業と移られた方の話も聞きますね。

 企業と事務所ではずいぶんと仕事の仕方が事務所と違います。ですので、合う合わないがあると思います。その辺は、知人に聞いたり調べたりして、情報収集が必要かと思います。

f:id:hkoffice116:20170707132924j:plain

 また、企業への転職には、個人的には転職エージェントを使った方がいいと思います。自分の希望を伝え、自分に合いそうな仕事を紹介して頂き、相談しながら転職活動を進められるからです。

 企業の数は本当に多く、また求めている仕事内容も様々だと思います。それを一つ一つ自分で調べて、応募して、では手間がかかりすぎます。

 また、企業への転職は、自己PR一つとっても、事務所への転職とは違った面でのアピールが必要になってきます。特に、企業で働くのが初めての方は、一度アドバイスを受けることをお勧めします。

f:id:hkoffice116:20170723111016j:plain

 ちなみに、私が2回目の転職活動をしたときは、リクルートエージェントを使いました。しかも、そのとき海外に住んでいたのですが、登録するとわざわざ電話をかけてきて、私の希望を聞いて下さったのです!そのときのお話は、また次回書きたいと思います。  

4.官庁や教育機関など

  事務所と企業が転職の多くを占めると思いますが、その他に特許庁の審査官になる、大学や研究機関で働くなどもあるかと思います。こちらで働いている方の話を私は聞いたことがありませんが、別の世界から知財を見るというのも面白そうだと思います。

 興味のある方は、チャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。これらの求人は、特許庁のホームページや各教育機関等のホームページで見つけることができます。

 

5.その他

  その他に、海外の特許事務所にしばらくお世話になる、という方の話も聞きます。この場合は、転職というよりちょっとした転勤ですね。現在働いている事務所から海外の事務所に、しばらくインターンのような形で行く場合が多いのではないでしょうか。

f:id:hkoffice116:20170721170410j:plain

 私は海外留学時代に現地の特許事務所でインターンのような体験をさせて頂いたことがあります。今では大変貴重な体験をさせて頂いたな、という思いがありますので、興味のある方は、機会を探ってみるのもいいかもしれませんね。

 

 次回は、私の転職活動や現在の転職活動事情なんかを書いてみたいと思います。それでは、また!

 

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

弁理士ランキング

 

 

 

弁理士試験のための予備校の選び方

こんにちは!

今日は弁理士試験の予備校の超主観的な選び方についてお話したいと思います。

 ◎目次

 

1.講師との出会い

  このブログで度々書いてはおりますが、私は2回短答に落ちた後、3回目の試験で弁理士試験に合格しました。それまでの成績たるや悲惨なものです。ご参考までにこちら。

www.benrishi.site

 3回目、これに落ちたらもうやめようと思い、始めた勉強ですが、出会った講師の方が素晴らしかった。勉強がとても面白くなり以前と別人のように勉強が進みました。 

f:id:hkoffice116:20170619103820j:plain

2.講師との相性

 その方は、今、弁理士専攻代々木塾にいらっしゃいますが、話にぐいぐい引き込まれていくというか、講座を受けていてあきませんでした。もちろん、こちらもやる気になっていたというのもありますが、講師と自分との相性というものがあるのだと思いました。

 相性が合うと、講座の内容が理解できるようになるので、勉強が面白くなっていくというか、よい効果が生まれるように思います。

 

3.講座を選ぶ上で大切な要素

  このことから、講座を決める上で講師との相性は大切と実感。そして相性が合っているか判断する上で、大切な要素の一つだなと思ったのが、講師の声でした。自分にとって、聞き触りの良い声か。これが合わないと、講義を受けていても苦痛か眠くなります。

 別に、とっても素敵で聞いていたい声か、ということを言っているわけではありません。自分にとって聞いてて嫌じゃやないか、という程度の問題なのですが、長い期間受ける講義ですので、大切な要素だな、と感じたのです。

f:id:hkoffice116:20170722145235j:plain

 ちなみに、私は、講座を録音し、ご飯を作りながら、お風呂に入りながら、電車の中などでもずーっと聞いていました。これも記憶の定着によかったのかな、と思います。

 この勉強方法も、聞きたくない声や講座だと、続きません。長く勉強を続けていくという観点で考えたとき、聞き触りの良い声、講座という視点は個人的に大切だと感じました。

 

4.今はお試し視聴や相談で声が聴ける

 ちなみに、その後出会ったLECの講師の方で、とてもお話が上手で引き込まれる方がいました。代々木塾の講座を受けていなかったら、その方の講座を受けていただろうな、と思います。

 今は、おためしWeb受講 無料カウンセリング等で、講師の声を確かめることができます。講座の進め方が自分に合うか、相性はどうか、という観点で講座を選ぶのも一つの選び方かなと思います。

  

明日はいよいよ、選択科目試験。

最高の力が発揮できますように!

 

関連: 弁理士試験の予備校の選び方について考えてみた - 弁理士資格~取得してからが始まり物語

 

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

弁理士ランキング

 

知財業界の病~それは期限病

こんにちは!
知財業界で働く皆様、毎日、朝夕期限のチェックに余念がない、なんて感じではないでしょうか?
今日は、そんな期限について考察してみました。

頭からいつも離れない期限!
 特許事務所で働くようになり、とにかく頭からいつも離れなくなったのが、期限!私は、新卒で特許事務をしていたのですが、期限管理の仕事にとても緊張したことを今でも覚えています。
f:id:hkoffice116:20170721165132j:plain

 事務所だと、管理システムと紙の二重チェックをされている所が多いのではないでしょうか。その他に、各自のカレンダーで管理している弁理士さん、技術者さんがいるかと思います。


 あるときの話ですが、特許事務を一緒に担当してた方から電話が掛かってきたことがありました。先ほど帰ったばかりなのに、どうしたんだろう、と思ったら、
「○○の案件、手続き済んだか気になって。ちょっと見てくれない?」
とのこと。
f:id:hkoffice116:20170721170410j:plain

 わかるー!!と思いました(笑)
 期限管理の仕事って、身体に染み付いているので、無意識に、今日の分の仕事はちゃんとしてるはずなんですが、家に帰る途中、ふと、あれやったよね…なんて頭に浮かぶことがあるんですよね。
 知財の仕事をしている方は、思い当たることが一つ二つあるのではないでしょうか?

 私も、自分のカレンダーで確認しているのはいいのですが、済んだ案件を消し忘れ、あわてて、ファイルを見返したことがあります。
f:id:hkoffice116:20170721170721j:plain

 そういえば、特許事務所って、ファイルじゃなくてホウタイって言いますね。企業に入ったらぜんぜん通じませんでした(笑)

期限の意味あいの違いにびっくり。
 そんな、期限がっちりな毎日から、突如、幼稚園ママになり、期限の意味あいの違いにびっくり。

 幼稚園では、何日までに提出、と色んな提出物があるのです。初めのころは、手帳に書いて、忘れないように管理。

 そんなある日、子供とのバタバタの毎日で、つい提出物を忘れてしまったことがありました。
担任の先生に、聞かれて大焦り!
すみません、すぐに持ってきます、と伝えると、そんなに焦らなくて大丈夫ですよー、明日でもいいですとのこと。
 その言葉に、何だか、すごく衝撃を受けたのでした。
f:id:hkoffice116:20170721170740j:plain

 もちろん、園の先生方も期限までに出してくれなきゃ、困ると思うんです。でも、猶予の余地が残されていると言うか、その柔らかく優しい対応にホロリ。これが、特許年金の支払いとかだったら、もうバッサリ。おしまーいですもんね。

 今ではすっかり園の忘れ物常習犯になりましたが、 期限管理の緊張感は今思い出しても何だかものすごいものがあります。


知財業界の皆様、日々の期限管理おつかれさまです!

それでは、今日はこの辺で。

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

弁理士ランキング