弁理士資格~取得してからが始まり物語

弁理士の仕事についてあれこれ語ります。

弁理士、アマゾン出品に挑戦してみる~バーチャルオフィス編

 


先日の続きです

www.benrishi.site


住所問題の解消のため、レンタルオフィスを探してみました。
この記事でも書いたけど、住所って個人事業主にとってやっかい。

 

自宅メインで仕事してはいるけど、色々に自宅住所は出したくないし、
お客さまと会うときに、カフェだと情報漏洩とかきになるし、

商標出願も自宅住所使いたくないって人も多いですね。

 

で、検索検索。
レンタルオフィスっと、、で検索したら
今ってバーチャルオフィスっていうんですかね。
何が違うのか?

 

レンタルオフィスは、本当にスペース貸していて、
バーチャルは、住所貸しと、必要な時の会議室を貸す、
みたいな感じなのかな。。

 

さらに、私書箱というサービスもあって、もはや何がいいのか、
何がちがうのか小一時間頭を悩ませました。。

f:id:hkoffice116:20170727160824j:plain



ちなみに、話は変わりますが、
郵便局の私書箱は、自宅で開業する弁理士さんにはいいのではないかという感触です。

 

郵便局の私書箱の開設には、条件があるみたいなんですが、
弁理士会から郵便物も定期的に届くし。
なにより、無料!なかなか、空いてないとの噂もありますが。。

www.post.japanpost.jp

 

そんなこんなで、住所問題、どうしよう。。
サービス開始前からつまずいてます。